名古屋探偵・興信所「初めての方の必読ホームページ」

一般社団法人日本探偵士会(名古屋)

創業23年の厚き信頼と実績で応えます!

電話相談

AM 7:00~24:00

★依頼者様は24h連絡可★

定休日
年中無休

相談無料・見積り無料・秘密厳守

専属の女性相談員が対応いたします。

0120-767-232
愛知県探偵選びの是非
「探偵の選び方」広告に苦言を申す

探偵選びの是非を問う!

探偵の選び方の表と裏にメスを入れる

正しい認識で探偵を選ぶ

悪口を言う探偵が「人を助けるとか…」

凄い矛盾してませんか?

信憑性のない主観で同業者を誹謗する「探偵の選び方」記事。

もちろん、考え方は千差万別だから自由でいいと思う。

しかし、犯罪・違法を犯した同業者ならまだしも、何もしていない同業者を見た目だけで批判する探偵社が、「世のため…人のため…人を助ける…」とか主張しているのってどうなんだろう。逆にそんな探偵を信用する?

自分をよく見せるために他社の悪口を言わない!

まさに探偵業界に蔓延る悪しき体質・品格のなさです。

自社をよく見せようとするのは、悪いことではない。

自社のセールスポイントや理念や思想をアピールすればよいだけのこと。

わざわざ他社の批判までして自社をよく見せようとする探偵会社に依頼したいか?

わざわざ、同業者の不利益になるような批判をしなきゃいけないのか?

なぜ、わざわざ他社批判するのか?

調査依頼が激減しているからだと思われます。つまり経営の悪化…。

事実、うまく依頼が取れてるなら、他社批判する必要などないですからね。

依頼激減で苦肉の策として思いつくのが、他社を批判し、蹴落として依頼を奪う…というチョイスなんでしょうね。あなたはそんな探偵会社を選びますか?私なら選びません!

確かに競合・競争は必至だが…

競争と言っても、人を蹴落としたり、引っ張り降ろしたりする競争はもう時代遅れだ。

いかに人を喜ばせるか、いかに幸せにするかの争いである。

自作自演と批判するけど…

事実、探偵業界のHPのほとんどが自作自演ではないか!

事実、探偵を顧客とするサイト業社も誇大広告で自作自演を助長しているではないか!

その他、自社を都合よくみせるために、自分たちの都合の悪い所(弱みになりそうな部分)はオブラートに包んで同業社批判にすり替えているだけの探偵の選び方。

そして、バカ正直な探偵事務所や個人探偵事務所を悪者扱いする卑劣さ、性格の悪さ…。

自宅開業の探偵事務所や、古い事務所の探偵事務所などをありとあらゆる屁理屈でこき下ろす。

探偵業界人として本当に嘆かわしいと思う。

どのような探偵会社も大中小に限らず、何らかの弱点はある…。それを隠して、過剰な自社アピールをして、同業者批判にすり替える、えげつない自作自演だ!

探偵会社は世の中に向けて、もっと正確な情報を提供しなくてはいけない。

なぜなら、

探偵は真実を明らかにする職業なんだから

ランキングサイト…

別にいいんじゃないですか?ビジネスは自由ですから。

これも必死の営業戦略なんでしょう。

外部がとやかくいうことではありません。自作自演だって!?そうかもしれませんね。

でもね、お客様はバカではない!そこら辺のことはちゃんと見抜かれている。

そのうえで選ばれているのであれば、お客様の問題です。

でも、、、お客様を騙したらいけませんね。

比較サイト

この手のサイトのほうが怪しい。

探偵をお客にした広告なら信憑性が薄い。

お金出してくれた探偵さんに対してサイト業者は酷評は書かないでしょう…。

比較もへったくれもありません。公平な比較にはなりません。自作自演なら尚更信用できない。

他社を無断で掲載し、餌にする広告手法。

当然、自社を比較上位に掲載する。

もう見え見えですね( ´∀` )

事務所の大きさ

事務所は建物なので、尾行・張り込み・撮影・報告書作成できません。

探偵社の規模

調査は人が行います。よい結果も悪い結果も人が出します。

探偵社の規模が調査を行うわけがありません。調査は個人技です。

探偵業を行うにあたり、事務所は必要です。

しかし、探偵の選び方で繁華街の一等地の事務所、高額家賃の事務所、自宅、レンタルオフィス…等で判断するのは不合理(道理・理屈に合わない)。

探偵依頼の目的は調査⇒調査は人が行う⇒事務所が調査をするのではない⇒探偵を選ぶ基準にするには不合理。

調査料金・費用

賛否両論あるかと思いますが、「価格より価値」だと思います。

例えば現実、1万円の調査依頼で5万円の調査はできません。サービスもできません。

仮に5万円の調査なら5万円の調査とサービスが受けられます。

また、ある程度、余裕のある予算をいただいて調査ができるなら、調査にかかる経費も存分に使えますから、その分、調査結果の品質に反映されるでしょう…。

探偵業もビジネスです。ビジネスである以上一定の利益を上げなければいけません。

そのうえで各社独自にシステムを構築しそれに見合う料金設定をしています。

なので、調査料金に高低が出るのは自然のことなのです。

また、この金額を超える探偵はおかしい!と具体的な料金の基準(相場)を公開している探偵さんもいますが、その相場は一個人的な意見(固定概念)に過ぎません。

探偵業に相場なんてないんです!

本当は自由相場なんです!

よって…

相場は1円~∞これが正しい事実です。

?ハーイ、素朴な疑問いいですか?

  • 相場って誰が決めてるの?

各探偵サイトの相場は間違いなくいい加減な数字です。

探偵料金相場を探偵側は操作できませんし、探偵の誰であっても、相場を決める(コントロールする)決定権もない。よって、「自由相場」が真実。

  • どうやって相場がわかるの?

某探偵サイトでいう料金相場ってどのように統計をとられたのでしょうかね?…

まさか、わずか数社の料金システム及び聞いた話し程度で算出し、あたかも全国平均値のように偽ってないでしょうか?…疑

さらに、信憑性のない他社相場を自社と比較させ、自社有利な形(数値改ざん)でお客を誘導(騙し取り込み)しようという魂胆が手に取るほどわかります。

全国の探偵会社を調査した上での料金相場算出なら信用できるが、事実はそうではない!

そもそも、どこの探偵会社の料金システムを相場の対象にされているのでしょうか?

その対象の探偵社の相場が愛知県または全国の相場と言えますか?答えはNO!です。

  • 探偵料金は変動する、一律ではない。

解説1)

名古屋のAさんは、B探偵社に浮気調査を20万円で依頼しました。

後日、Aさんは、B探偵社と同じ条件で浮気調査を依頼しましたが、30万円でした。

上記は正常といえます。

同じ条件の依頼なのになぜ金額が違うの?

それは、A探偵社とB探偵社は同じではないからです。つまり、2社を比較した場合、それぞれ特徴も違う。性能・品質・サービス・経営理念等々が違います。

探偵業は自由相場です。何ら不可解なことではありません。

解説2)

もっと別事例で説明すると、、、

名古屋市のAさんは、B探偵社に20万で浮気調査を依頼した。

でも…

岐阜市のCさんがB探偵社に依頼すると、浮気調査30万でした。

同じ浮気調査なのに…

これも正常といえます。

解説1)と同じようなことです。

AさんもCさんも、B探偵社に依頼したわけですが、AさんもCさんも100%同じ諸事情ではありません。浮気調査の対象者も違います。性格も素行も全くの別人です。

調査の難易度や諸事情で調査料金は上下する。これは正常と言えます。

このように、探偵料金は不確実性が強く、不安定なのです。探偵料金は変動する。

これが正常の形なのです。

よって…

相場は1円~∞ これが正しい事実です。

  • 他社のことなど分からない…がホント

実際、相場を調べるにせよ、他社から有益な情報を得ようとしても、探偵業界全体が閉鎖的なのです。鎖国体制なのです。

特に同業者への閉鎖感は半端ないです。

そんな業界の体質なのに、正確な他社の料金システム(相場)を知ることは困難なのです。ですから、某探偵サイトの「他社との料金比較表」は不正確な情報です。

委託調査員か、自社調査員か

どちらとも言えません。調査の結果を第一優先目的とするならば、委託専門の調査員がいいいのか、自社調査員がいいのかは頼んでみないとわかりません。

両者、さほど実力に大きな差があるとは思えません。最終的に大元の探偵事務所の姿勢次第ではないかと思います。適当な探偵社なら現場に適当な指示を出しますし…。

アウトソーシング

現在は、ビジネスもスポーツの世界も分業制…アウトソーシングそのものが悪ではない。

ビジネスモデルにケチつけるようでは時代錯誤ですね。

また、探偵依頼するのに「下請けに調査をさせて利ザヤをとる探偵会社」という業務システムが重要ですか?

要は、良い結果を出してくれたらいい探偵さんであって、別に調査員の報酬をいくら渡すとかの裏情報はいらないでしょう。「探偵の選び方」とは無関係ですよね。

複数名称

複数名称でビジネスを展開することは悪でしょうか?違法?違法ならNGです。

ダスキンはミスタードーナツをビジネス展開しています。悪ですか?

探偵業だって、建築会社が探偵事業を行っていたり、通信事業会社が探偵事業部を立ち上げていたりしてます。

公安委員会への届出がなされ受理され、さらに同一会社ということを公表し依頼人が承知の上で契約ならいい。

同一会社で複数名称がおかしいというのであれば、「ダスキン」が「ミスタードーナツ」の名称で事業を行っているのもおかしいということですよね。やはり的外れですね。

その他、「セブン&アイ・ホールディングス」は、「セブンイレブン」という名称でコンビニエンスストアを展開しています。

同一会社が別名称で事業を行うケースはたくさんありますよ。

BEAMS(ビームス)も「B印 ヨシダ」や「マミダス」や「カロリナグレイサー」等、たくさんのレーベルで事業展開しています。

その他、事例をあげたらきりがありません。

「ハライチ」さんは「ハライチ探偵事務所」という自名入りの名称でなきゃ探偵開業はできないのですか?

品川めぐみ調査事務所は「シナガワメグミ」さんという方が代表者じゃなきゃいけませんか?

「ラビット探偵社」は、ウサギが代表者じゃなきゃいけませんか?

事務所や所在地や規模などで同業者をバカにしたり疎んじるのは、どのような人たちでしょう?

それは自分の人生がうまくいっていないがために、他人がうまくいくことも望まない人たちです。彼らは自分が信じないもことは、私たちの人生にも起こるべきではないと考えるのです。 

HPに代表者の氏名がない

これも決まりはないので、善悪の判断はできません。

もしかしたら、氏名を公表できない何かがあるのかもしれません。

これはあくまで想像…正確ではない。これは選ぶ側(お客様)の判断でしょう…。

代表者が偽名…

この手は実在しますよ!

HPでの代表者名と実際は名前は違う(本名)を公開していない探偵社はあります。

しかし、善悪の判断はできない。探偵業届出証明書に代表者の本名が記載されているはずですが、本名を隠す探偵社はHPに証明書は貼りません。これも選ぶ側(お客様)のイメージ・判断次第です。

事務所以外の面談契約

事務所で契約しない探偵は危険とか記述するサイトがありますが、これは嘘です。探偵側の都合です。

ナゼ、事務所での契約を強要するのか?

答えは明解です!

「クーリングオフ防止」のためです。つまり、キャンセル防止対策ということです。そう考えると、外で面談契約してくれる探偵さんは前者より器がでかいですね。

ちなみに、外での契約はお客様のニースで行っているものですから、全く悪いことではないんです。

これも、間違った探偵側の勝手なイメージ操作ですよね。

自宅探偵を差別しないでください

自宅が事務所の探偵は悪ではありません。

寧ろ、自宅を公開しているわけですから、そこの部分は信用に値します。

あとは、その探偵さん次第ですね…。初めから偏見を持つのはやめてください。

あなたの有益な探偵選びの弊害になりかねません。とても融通の利く良い探偵さんかもしれません。

料金提示(公表)

HPに料金を記載している探偵が本当に優良だと思いますか?

確かにご丁寧ではありますが、、、優良探偵の条件とは違うと思います。

弁護士アピール

探偵情報より、弁護士とタイアップ等を強調している探偵会社を有能な探偵会社だと思いますか?

あなたの目的は弁護士探しですか?

間違いなく探偵探しだと思います。

先ずは探偵探しに集中してください。

自分のところ以外は全部悪だと言って排他的になる探偵社も悪なのです

調査員の人員

調査員の人数と調査の成功は比例しません!

統計的に考えたら人数をかけた方が成功率は上がるかもしれませんが、そこが落とし穴無駄な費用を払う羽目になります。

確率などの数字(統計)はあてにならない。

想定外のことが多々起こるのが調査現場…探偵(調査員)の実力が試される時であり、結果を出す調査員の修正力はいかほどか?の結果に委ねられます。

人数をかければ成功する保証はありません。

探偵側も約束できないのです。

現実、同案件で、一人で成功させる調査員もいれば、3人でやっても不成功の探偵業者も多いのがこの業界。

★ 3人必要と思われる調査でも、1名体制で成果を出すのも企業努力でありサービスではないでしょうか。

世の中には人を操ろうとして謝った情報を伝える人がいるから逆からものを考えなければならない

情報がありすぎるとどうなるかというと、あの人はこういう考え方をしている…。

この人はこう言っていた…でもさっきみたHPに判明こうかいてあった…と、、、

人によって違う発言を聞くことになる。

それは矛盾していることでしょう。

人によって正解は違うことを覚えておくべき。人は自分の都合で他人の評価を決める。

身勝手な探偵選びにさよなら…

自分たちに都合のいいことだけを主張し、同業者をも誹謗する探偵業界…

ホント、恥ずかしい…品格なし!

このHPを観覧の皆様は、絶対に惑わされないでください。

このHPを読んでいただければお分かりになるかと思います。

正常な探偵事務所(会社・個人)は一握り。

残念ながら、これが現状です。

芸能界・スポーツ界・政界のデマと同じ

芸能界・スポーツ界・著名人に対しての過剰な正しくない情報の報道と同じです。

探偵業も目立てば目立つほど叩かれますし、嫉妬を浴びます。

偽の情報や差別的偏見で同業者たちの営業・生活を脅かします。

有名人の方々も事実でない報道をされ傷心も半端ないと思います。

今や、もう口コミサイトも簡単には信じない風潮ですが、純心な人たちは丸ごと信じてしまいます。

詐欺被害がなくならないのも、こういう人たちが犠牲になっているからでしょう。

ホントの選ぶ基準…

ズバリ!自分基準で選んでください。

一部の探偵業者の偏見に惑わされず、ご自身の意思で、ご自身が求める探偵をご自身の基準で選んでください。

それが一番だと思います。

一部の探偵社の都合のいい偏った「探偵の選び方」「比較・ランキング」サイトは度外視なさってください。

貴方の探偵の選びに何ら影響を与えません!

むしろ、選びの基準をそこにした(影響された・丸のみした)ほうが危ない。

人間は言葉で考えます。言葉で悩み、言葉で迷い、言葉で苦悩する

だからこそ、探偵社及び探偵会社を顧客にもつHP業者は「探偵の選び方」・「探偵比較ランキング」・「探偵事務所紹介」等のサイトに信憑性のないこと(曖昧で無責任な自論)を主張したり、同業他社を誹謗・批判(マイナスイメージ)にしたり、自作自演型誘導(特定の探偵社に有利になるように誘導したり、お客様をコントロール)しようとしてはいけないと思うのです。

「探偵の選び方」の盲点

「探偵の選び方」が正しくても間違っていても、その探偵社が提唱する探偵の選び方が「一番正しい」のです。

そうなんです!

実は「我社の探偵の選び方が正解」という主張です。

要は正・誤に関係なく「我社の言うことが一番正解だから我社を選んでください」という営業メッセージなのです。一応、探偵業も商売ですからね。

また、主張する「探偵の選び方」も各探偵社のレベルに応じて主張も考え方もスタイルもシステムも違います。

どこの探偵社も自社が一番と主張してオリジナリティーに自由にやっています。

その代表例として、同業社の批判・中傷をして「依頼者獲得を狙う探偵社」もありますからね。これが実状であり盲点です。 

他人思考に惑わされた結果

他人(業者)の偏った思考(ビジネス戦略)に惑わされ、探偵を選び、本当に望む結果を得られないという、残念な探偵依頼になります。結果、自分で引き寄せたことなのです。

不惑の探偵選び

探偵選びは肯定から

疑って探偵を選べば最後まで疑心の探偵依頼となる。

不惑で選べば不惑の探偵依頼となります。

  • 読書でもそう、否定的な気持ちで読めば、結論も否定で完読し暗い。
  • 肯定から読書すると、結論も肯定で終わり明るい。

また、肯定だからこそ、物事の善悪を自分なりに正しい結論付けることができるのではないでしょうか。

否定で入ると最後まで否定で終わり物事の本質を正しく理解できません。

否定なことも一度、肯定的に受け止めた上で考えるから、冷静な判断(実相・良悪が見えてくる)ができるのではないでしょうか。

少なくとも、同業他社を無断利用(掲載)・批判・誹謗し、自社有利な解釈の「偏見サイトの探偵選び」はやめておいた方が賢明

ハッキリ申し上げます!

同業他社を無断利用し、信憑性のない偽情報を平気で掲載しているサイト(探偵比較ランキングサイト含む)は、お客様を欺く商法だということはあえて説明するまでもないでしょう…

どう選ぶか?

各探偵社の「探偵の選び方」記事をビックアップし、主張を比べてみてください。

あなたを納得させる主張をたくさんしている探偵を選んでみてはいかがでしょうか?

その探偵社の主張記事が正解ならあなたの調査依頼は間違いないでしょう。

最終的に選ぶのは依頼側です。

納得するか否か、契約するか否かはあなた次第です。ご自身が正しいと思う探偵社を選んでください。

自分の基準で選ぶ。自身の意思で選ぶ。

それが一番納得できる探偵選びではないでしょうか?

各探偵社もあなたに選ばれるように「嘘・本当」も含めて自論を正論化しているわけですから、あなたが選考してやればいい。評価すればいい。

不明点があれば、尋ねて納得のいく説明を受けたらいい。

その説明次第であなたの選考基準から落選する探偵社も出て依頼する探偵社リストが絞り込めてくるはずです。

そして、意中の探偵社が見つかったら、決めたら、「信頼関係」を築いてください。

あなたの目が確かならば、あなたの探偵選びは成功するハズです。

よい・悪いの判断をやめる

探偵のよい、悪いを決めているのは、他人の思考です

他人の思考に影響を受けてしまうと、自分の中に偏った思考や悪いイメージがついて、探偵選びの障害となってしまいます。 

事実、比較サイト利用者の中には、何日も何日もネットを閲覧し、考え抜いて選んだはずにも関わらず、失敗だったと落胆する人が後を絶たない…

つまり、探偵に対する自身の本当の望みを見失った探偵選びになってしまったからです。

答えはあなたの中に…

よい・悪い…にとらわれることなく、あなたの心が指し示すほうへ向かってください。

答えはあなたの中に、必ずあります。

自分に合わない探偵は取り合わなければいい

合わないものは取り合わなければいい。自分に合うものを選んでいってください。