名古屋探偵・興信所「初めての方の必読ホームページ」

一般社団法人日本探偵士会(名古屋)

創業23年の厚き信頼と実績で応えます!

電話相談

AM 7:00~24:00

★依頼者様は24h連絡可★

定休日
年中無休

相談無料・見積り無料・秘密厳守

専属の女性相談員が対応いたします。

0120-767-232
探偵士®認定資格基準

探偵士®の合格基準

探偵士®「認定合格基準」

審査基準

呼び込みの調査

探偵士®認定資格基準

① 優秀な探偵は呼び込み型が多い

周波数を合わせない

※解説

探偵がバレる時に共通するのは「対象者と周波数を合わせているから」が原因であることがほとんど。一定の力がある探偵がバレるわけですから、調査技能の問題ではありあせん。原因は周波数(波長)です。

例え、目の前にいなくても、周波数が合っちゃうと「ん?なんかあいつおかしい!そういえばさっきからついてきてるわ」となるわけです。

一方、周波数を合わせなければ、目の前で撮影しようが張り込みしようが、意識されにくいのです。

これは、プロの探偵として必須能力です。

それは潜在意識に刻まれてるかのよう、DNAに組み込まれたかのよう、ここぞの時、奇跡的な調査を実現する。

 

② 調査の展開を呼び込む力

優秀な探偵は、調査の流れ・展開を有利に引き寄せる力があります。

また、最終的には後手の調査もなんのその!成功に終わらせる能力に長けています。

つまり、もっと簡潔に言いますと、相手の展開でなく、こちらの展開で調査ができるということです。

相手のペースに合わせて行う調査は後手後手の調査と日本探偵士会では指導します。

相手に合わせるから、周波数が合ったり、バタバタ後手後手の展開になったり、余計に難易度が上がり、結果、首を絞める調査の展開になってしまうのです。

もちろん実際は相手の後をつけるんですが調査のペースはこちらが握らねばなりません。

このように、一流の探偵は並みの探偵とは思考も技能も次元が違うレベルで精査しているのです。

ピンチに強い

一般社団法人日本探偵士会が認定する探偵士は逆境に強くなければなりません!

調査を数多くやってると、ピンチに陥ることがしばしばあります。並みの探偵はここで終わりです。

一流の探偵はここからの挽回力がすごい。

当会の探偵士で、他社がバレた調査依頼で対象者に逆尾行をされながらも、不貞証拠を押さえた敏腕のベテラン探偵士もいます。

一流の探偵は、このようなエピソード(伝説)を次から次へと積み重ねていきます。

そして、運がいい。タイミングがいい。なぜだか分からいけどあの人は成功させてくる。

見る力

一流の探偵は、見る意識がずば抜けている。

視界に入ってる=見ているとは限らない。

例えば、並の探偵は、対象者宅の玄関に何本の花が植えてあったか覚えていない。視野には入っているのに…。

だからちゃんと見るが大事でちゃんと調査をするってとてもエネルギーを使うんですね。

並の探偵の何倍も何倍もエネルギーを消費します。探偵会社はその対価を頂いています。

そして、並の探偵が行う調査には必ず盲点が生まれる・・・。 

客観視「八方目」

客観視とは、360度の視野です。中国武道に八方目(はっぽうもく)という基本型があります…視野の中心に目を置きながら、周辺全体を見る目をもって、状況の分析力・認識力といった観察眼を究めていきます…

すると、相手の心、動きを察知できるようになり、背後にも目があるかのような隙のない張り込み・尾行(撮影)ができるようになります。

客観視はやがて大局観となり、深い洞察力を養います。

求められる力

☑直感 ☑予感 ☑好機

★偶然が支配する状況で、好機・チャンスを掴む運

★必要な時に必要な場所にいて必要なものを確実に掴む

★言葉より結果

知は現場にあり…

現場でしか見えないもの、得られないこと。現場でしか感じられないもの…それは体感的、感覚的なもの。この感覚をつかんでこそプロフェッショナルの探偵士と認められる。

❖一般社団法人日本探偵士会は、上記要件を含めて調査技能としております。